タグ別アーカイブ: ブロック

※ PHPファイルの作成に失敗しました

と表示される事象に遭遇中です。

「デザイン管理>PC>ページ詳細設定」で新規ページ追加時に起こった現象ですが。

ブロック設定からの新規追加は可能。

パーミッション変更でもらちがあきませんでした。

ん〜どうしよう。。。

面倒なので以下で解決。

phpが作れないとダダをこねるなら。。。。

登録したいファイル名でphpを予め作りFTPで「user_data」にアップロード。

因にファイル内容は下記でアップロード。

そしてブラウザ側で登録ボタンを押すことでtplファイルの生成とSQLへの登録も行えます。

以下余談。

クラスがだめなのかと思い、該当ファイルのみナイトリービルドを突っ込んでみました。

案の定デザインclassだった為か全部書き換えられ、一時的にuser_dataフォルダも認識しない状態に・・・

バックアップとって再インストールして解決。


カテゴリーブロックを以下のように書き換えるだけ。

要は元のカテゴリーブロックを下記のように修正。

上記の※印の3行を削除。


html/frontparts/bloc/product_list.php を新規作成

data/class_extends/page_extends/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List_Ex.php を新規作成

[php]
<?php

// {{{ requires
require_once(CLASS_EX_REALDIR . "page_extends/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List_Ex.php");

// }}}
// {{{ generate page

$objPage = new LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List_Ex();
register_shutdown_function(array($objPage, "destroy"));
$objPage->init();
$objPage->process();

?>
[/php]

data/class/pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List.php を新規作成

[php highlight=”44″]
<?php

// {{{ requires
require_once CLASS_REALDIR . ‘pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc.php’;

/**
* Product_List のページクラス.
*
* @package Page
*/
class LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List extends LC_Page_FrontParts_Bloc {

// }}}
// {{{ functions

/**
* Page を初期化する.
*
* @return void
*/
function init() {
parent::init();
$bloc_file = ‘product_list.tpl’;
$this->setTplMainpage($bloc_file);
}

/**
* Page のプロセス.
*
* @return void
*/
function process() {
if (defined("MOBILE_SITE") && MOBILE_SITE) {
$objView = new SC_MobileView();
} else {
$objView = new SC_SiteView();
}

$objQuery = new SC_Query_Ex();
$objProduct = new SC_Product_Ex();

//$objQuery->setLimitOffset(10);
//$objQuery->setOrder("update_date desc");
$this->arrProducts = $objProduct->lists($objQuery);

$objView->assignobj($this);
$objView->display($this->tpl_mainpage);
}

/**
* デストラクタ.
*
* @return void
*/
function destroy() {
parent::destroy();
}
}

?>
[/php]

$this->arrProducts = $objProduct->lists(&$objQuery);の44行目で過去のバージョン2.11辺りのQueryだとlists(&$objQuery);の表記でしたが&無しで記述。 $this->arrProducts = $objProduct->lists($objQuery); data/Smarty/templates/default/frontparts/bloc/product_list.tpl を新規作成

[php]
<!–{if count($arrProducts) > 0}–>
<div class="bloc_outer clearfix">
<div id="productlist_area">
<h2>商品一覧リスト</h2>
<div class="bloc_body clearfix">
<!–{foreach from=$arrProducts item=arrProduct}–>
<div class="product_item clearfix">
<div class="productImage">
<a href="<!–{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}–><!–{$arrProduct.product_id|u}–>"><img src="<!–{$smarty.const.ROOT_URLPATH}–>resize_image.php?image=<!–{$arrProduct.main_list_image|sfNoImageMainList|h}–>&width=40&height=40" alt="<!–{$arrProduct.name|h}–>" /></a>
</div>
<div class="productContents">
<h3>
<a href="<!–{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}–><!–{$arrProduct.product_id|u}–>"><!–{$arrProduct.name|h}–></a>
</h3>
<p class="sale_price">
<span class="price"><!–{$arrProduct.price02_min|sfCalcIncTax:$arrInfo.tax:$arrInfo.tax_rule|number_format}–> 円</span>
</p>
</div>
</div>
</dl>
<div class="clear"></div>
<!–{/foreach}–>
</div>
</div>
</div>
<!–{/if}–>
[/php]

スタイルシート追記

[css]
<style type="text/css">
div#productlist_area h2 {
background-color:#de5e17;
text-align:center;
color:#fff;
padding:7px 0 7px 0;
}
div#productlist_area div.productImage {
float:left;
width:40px;
padding:0 8px 0 0;
}
div#productlist_area div.productContents {
float:left;
width:100px;
}
div#productlist_area div.product_item {
padding:5px 0 5px 5px;
}
</style>
[/css]

データベースに新規ブロック情報を登録

[php]
insert into dtb_bloc values(10,10,’product_list’,’product_list.tpl’,’product_list’,now(),now(),’frontparts/bloc/product_list.php’,0);
[/php]

Warningが表示されたので掲示板等参考に下記を実行。

[php highlight=”7″]
<?php

// {{{ requires
require_once CLASS_REALDIR . ‘pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc.php’;
////中略////

$this->arrProducts = $objProduct->lists(&$objQuery);

$objView->assignobj($this);
$objView->display($this->tpl_mainpage);
}

/**
* デストラクタ.
*
* @return void
*/
function destroy() {
parent::destroy();
}
}

?>
[/php]

data/class/pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_Product_List.phpの部分で、本文44行目(上記7行目) $this->arrProducts = $objProduct->lists(&$objQuery); $this->arrProducts = $objProduct->lists($objQuery);

としたら表示が消えました。


なぜ静的URLにするのかというと・・・

GoogleやYahoo! などの検索の場合、動的URLでは、一つのページとみなしてしまいます。 (まぁ最近じゃ?がついていようとインデックスしてくれるみたいですが) ちなみに動的URLとは下記のように?が入るURLです。 http://サーバ名/ec-cube/html/products/detail.php?product_id=xxこちらですと、検索するにあたって、detail.phpのファイルとみなされていまい、 1ページしかインデックスされません。

ですので、各ページごとにインデックスされるように、 http://サーバ名/ec-cube/html/products/detail/xx

とします。これが静的URLです。 実際にページは存在していませんが、 検索ロボットに存在しているように見せることができます。

1. パラメータを変える。

まず、 システム設定>パラメータ設定より以下を変更います。 パラメータ:LIST_P_HTML 変更前:URL_DIR . “products/list-p” 変更後:URL_DIR . “products/list/” パラメータ:DETAIL_P_HTML変更前:URL_DIR . “products/detail.php?product_id=”変更後:URL_DIR . “products/detail/”

2. .htaccsessファイルをhtml/products/以下にに配置します。 そのファイルに下記の内容を追加します。 RewriteEngine on RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d RewriteRule ^detail/([0-9]+)+ detail.php?product_id=$1 [L] RewriteRule ^list/([0-9]+)+ list.php?category_id=$1 [L]

※.htaccsessは、html/ 内にありますので、それをコピーして設置すると楽です。

3.管理画面>デザイン管理>ブロック編集>カテゴリを開き46行目あたりのソースを変更

こちらはカテゴリのリンクの変更です。

変更前:products/list.php?category_id= 変更後:products/list/

4.管理画面>デザイン管理>ページ詳細設定>商品詳細ページのソースを変更

商品詳細のページのリンクが静的ページにするために、パス( / )を切った関係で、階層が一つ多くなってしまいました。

変更箇所は、 内の合計6つ変更です。

変更前:./ 変更後:../  ※2階層上へ送っている

他、動作には関係ありませんが、こちらも変更をオススメ、

 

変更前:products/list.php?category_id= 変更後:products/list/

これで、変更完了です。 各種エディターを使って、コピペして、コマンド+Fで所定の箇所を探してみてください。


まず管理画面にログインして、デザイン管理>PC>レイアウト設定 から、ページを新規入力します。
URLは review_list.php として、以下のコードを貼り付けて保存します。

次に、html/user_data/review_list.php を開いて、次のように修正します。

data/Smarty/templates/default/user_data/review_list.tpl を以下のように変更します。

以上。

ブロック化は以下。

デザイン管理>PC>ブロックの設定新規ブロックで下記を作成。
ブロック名:お客様の声一覧
ファイル名:review_list_bloc

トップページのブロックで表示する場合、html直下のindex.php下記のような感じで書き換え。

基本的には同じ作業。
画像とかは適当にかえましょう。
(レビュー自体未投稿だと空欄なので適当に用意しておきましょう。)


ヘッダーにカテゴリを表示します。
CSSハックでドロップダウンメニューにも対応。
一応管理画面からだけで設定可能なシンプル版です。 続きを読む